タイバンコクスパエステ
タイバンコクスパエステタイバンコクスパエステタイバンコクスパエステタイバンコクスパエステタイバンコクスパエステタイバンコクスパエステタイバンコクスパエステタイバンコクスパエステ

タイバンコクスパエステ


”HARUKA” スパ・エステ予約デスク

 「タイへ行く目的はスパ!」という方はもう珍しくありません。贅沢で最高の雰囲気の中、確かな技術&サービスが日本の数分の1の値段で受けられるのですから。タイは今や魅惑のリラックスゾーンなのです。

《スパ エステ最新情報》

 

タイバンコクスパエステ
日本語予約サービスは、
タイバンコク日本語予約センター
HARUKA” が提供します。
お急ぎの方、お問い合わせは

タイ国内一般
0-2651-6967

タイ国内ケイタイ
08-5060-2788


日本IP電話
03-4590-0650


お電話での受付時間
日本時間 11:00〜20:00 まで
タイ時間 9:00〜18:00 まで


定休日 日曜日

メールは24時間受付中!
haruka.saku@gmail.com

Leyana Spa
リヤナ・スパ

スパ エステ ご予約の流れ
よくあるご質問


タイバンコクスパエステ:リヤナ・スパ Leyana Spa 高級住宅街の一角にある隠れ家スパ。
緑に囲まれたリゾート風一軒家でのトリートメントは、身も心も癒されたい、という方に是非お薦めです。

タイバンコクスパエステ:リヤナ・スパ Leyana Spa
リヤナ・スパ 情報
タイバンコクスパエステ

リヤナ・スパ Leyana Spa おすすめメニュー
タイバンコクスパエステ
今月のイチオシ!はタイバンコク日本語予約センター “HARUKA” イチオシ、人気メニューは、人気メニューです。

【デイ・スパ・パッケージ】 (税・サ込み)

【ハーフデイ・スパ・パッケージ】 (税・サ込み)
タイバンコクスパエステ:リヤナ・スパ Leyana Spa タイバンコクスパエステ:リヤナ・スパ Leyana Spa

タイバンコクスパエステ:リヤナ・スパ Leyana Spa タイバンコクスパエステ:リヤナ・スパ Leyana Spa


リヤナ・スパ Leyana Spa
スパからのお知らせ & お客様体験レポート
お手配、ありがとうございました。雰囲気、サービスともに最高でした。「オイルマッサージはソフト」と書いてありましたが、想像より力強かったように感じます。でも、マッサージをしてくださる方が加減をきちんと聞いてくれました。最後にレセプションの方が、帰りの足のことも気にかけてくださったことが、とてもうれしかったです。
またタイに行ったときは利用したいと思います。(ペンネーム Sさん /2007年8月)

「リヤナスパ」は最高でした。彼女もなんども「気持ちいい」の連続でした。お店の対応もよく、最高な気分を味わいました。2日間という旅でしたが、充実した楽しい旅になりました。本当にありがとうございました。(ペンネーム Nさん /2007年 5月)


リヤナスパとても良かったです。マッサージ自体はかなりソフトでほぐされているというより撫でられてくすぐったいという印象が強く残っていますが、何よりもスタッフの方々の対応がとても親切で好感がもてました。マッサージを担当してくれた方はハニカミやな優しい感じで安心できましたし、スタッフの方皆さんが私達のカタコトの英語を一生懸命理解してくれようとする姿がうれしかったです。店内もとても清潔で静かでリラックスできました。
一点だけ今後の参考にしていただきたいことがあります。予定時刻に迎えのトゥクトゥクが来ず、不安になりました。私達は携帯などの連絡手段を持っていなかったし、次の予定の時刻も決まっていたことなどから余計に焦ってしまった部分はありますが、それよりも慣れない地で右も左も分からず、ただで待っていると、待ち合わせ場所を間違えているのではないか、時間を間違えてたのではないかなど、急にたくさんの不安が頭をよぎるものです。バンコクは交通渋滞が多く、遅れてしまうことはやむを得ない事情であるとも思います。そこをなんとか今後私達のような小心者の旅行者の為に、少しでも改善していただけることが出来たらと思い、敢て書かせていただきました。(⇒この点につきまして、「Jコンシェルジュ・スパエステ予約デスク」からスパ側へ早急の改善を求めております)
しかしながら、その他こちらからの様々な疑問質問、我儘な要望に対しても、面倒な様子ひとつなく、親切丁寧、尚且つ迅速に全てご対応いただけたこと、本当に感謝しております !!(ペンネーム Fさん /2007年 5月)

閑静な住宅街にあるソイを奥まで進むと、マスタード色の壁のタイ風家屋が出現。どうやらこちらがLeyana Spaのよう。水面に浮かぶ石畳を恐る恐る渡ってドアの前に立つと、色白でお肌つるつるのスタッフが笑顔で迎えてくれる。館内はかなりゆとりを持って造られている感じで、圧迫感がない。壁はほとんどがガラス張りになっているので日光が差し込み、かなり明るい雰囲気。ランの花が効果的に飾られている。レセプションの前のソファーに案内され、爽やかな甘さのナームマカームを頂く。今回受けるのはエクスタシータイムパッケージ。各コースで使用するトリートメントをチョイスし、いよいよスタート。にこにこと感じのいいセラピストさんに案内され、個室に入るとベッドが2台にドレッサー、奥にはシャワールームがある。そして何よりも目をひくのは伸び伸びと足を伸ばせる一人用のジャグジー。着替え終わると今度は別の部屋に案内される。そこにはちょっと細長いテントのような物体が2つ。どうやらこの中に入ってハーバルスチームを受けるようだ。バスローブを脱ぎ、パンツ一丁で早速中へ。熱気ハーブの体によさそうな匂いに包まれ椅子に腰掛ける。しばらくおとなしく座っていたが、熱気がお尻を直撃してあまりにも熱かったのでちょっと横に移動した。
自分の個室に戻り、今度はベッドの上にうつ伏せになってボディスクラブ開始。私が選んだのは『ココナッツスクラブ』。左足から右足、背中、腕と順々にスクラブを擦り込んでいく。センシティブな肌用だけあって、念入りに擦っても全く痛くなかった。ただ最初にスクラブを肌に乗せる時に、かなり冷たいので一瞬ビクっとした。スクラブを洗い流し、体を拭き終えるとお次はボディラップ。うつ伏せになって、私がチョイスした『タイホワイトマッド』を塗られていく。白っぽく、かなり滑らかな肌触り。全身に塗り終えるとラップで包まれ、そのまま45分ほど放置される。暖かくて気持ちが良く、熟睡してしまった。次はいよいよオイルマッサージ。甘めの香りが好きなのでバニラを選択。まずうつ伏せになり、ちょっと温かめのオイルが背中に垂らされる。それからの小一時間はまさに極楽。痛すぎず軽すぎず、ちょうどいいタッチでくまなく全身をマッサージする手はゴッドハンドと呼んでも過言ではないくらい。途中何度も意識を失いかけながら、名残惜しく終了。体をベッドから起こし、眠い目をこすっている間に『ミルキーバス』の用意が整っていた。乳白色のお湯の上にピンクの花びらを惜しげもなく撒き散らしたバスタブに入浴。ミルキーバスの心地よい香りに包まれ、気分は姫そのもの。お湯の温度も丁度良い。バスタブの横は大きめの窓になっており、そこからは壁際に植えられた植物とタイスタイルの置物が見え、明るい日差しが差し込んでくる。しばらく花びらで遊んでいると、セラピストさんがにこにこしながら何やらお盆を運んでくる。そこにはパイナップル、パパイヤなどの上に今話題のバジルシードがかかったフルーツサラダと、フルーツの盛り合わせ、そして飲み物が!!「こんなに贅沢しちゃっていいんですか?」とバスタブに浸かり、よく冷えたフルーツサラダを頂きながら自問自答。20分間の入浴が終わり、シャワーでアロマオイルを流して終了。エクスタシーの名に恥じない、素晴らしいコース内容だった。
感想として、一軒家スパに求めるものが全て揃っているスパだと思う。お庭にはがあふれ、建物は明るく開放的。まるで別荘にでも来ているような、長閑でくつろげる雰囲気。そしてさりげなく漂う高級感。とにかく雰囲気がすばらしい!とびきり贅沢な休日を過ごしたい方におすすめのスパだ。!(ペンネームAさん/2006年)


タイバンコクスパエステタイバンコク日本語予約センター"HARUKA"
HARUKA COMMUNICATION Co.,Ltd.
1091/105-106 Soi 33 New Phetchaburi Rd., Makkasan, Rajthevee, Bangkok 10400
Tel: 0-2651-6968 E-mail: haruka.saku@gmail.com
 仕入れサポートに関するお問い合わせ: サクトレーディング株式会社